PMSかと思ったら。。。異所性内膜症らしい-1

30代になってから、まれに下腹が張るような感じを受けることが
多くなりました。

生理は順調で、生理痛も耐えられないほどでもなく、生理に関する
悩みを抱えることなく過ごしてきたのですが、よくよく考えてみる
と、生理2週間前ほどから、この下腹現象が起こることに気がつき
ました。

これが噂のPMS(月経前症候群)ってやつか、と思いました。
PMSのひどい友人がいて、生理前のたびに、仕事や彼氏のことで
どんより悩んでいるので、少し調べてみたことがあったのです。
それで、PMSにはいろいろな症状があって、精神的なものばかり
でなく、痛みやだるさなど、身体的なものもあると知っていたわけ
です。

PMSだと思ったため、逆に言えば、生活に支障が無い程度なら、
特に治療しなくてもいいや、と考えてしまいました。
それで、張りが痛みに変わり始めてからも、婦人科に行かないまま
でいました。
実際、生理が始まると、痛みは収まっていたので。

ところが、そうこうしている内に、一定の期間だけとは言え、痛み
の強さが、やり過ごせないレベルになってきました。

そして、痛いのはおへそのところだと気づきました。
おへそを観察してみますと、どうもぽこっとなにか出ているのです!
触ってみると、実際そこが痛い。

さすがに怖くなって病院へ行くことにしました。
生理周期と連動していることはわかっていたものの、おへそという
点と、実際にできものっぽいものがあることから、迷った末、外科
に行ってみました。